英語学習の進捗。インターで半年

香港の子育て

英語0でインターナショナルスクールに入学して、半年。この度、(なんとか)ESLを卒業することになったので、この間の振り返りと、おすすめ英語教材、英語絵本をご紹介します。

4歳から、<その年齢の子が楽しめる>英語の本を読めることを目標に、絵本やフォニックスに少しずつ触れさせていた娘。とはいえ、香港赴任時には、英語での会話は一切できない状態でした。

そのときの記事はこちら。

ESLのクラス分けのこと

実は、英語は全く喋れないにもかかわらず、割当てられたのは、3段階中最上位の<アドバンス>。その理由は、入学面接での英語の口頭テストで、簡単な絵本を読めたためだと思われます。(前提として、grade1入学時だったので、Englishのハードルも比較的低め)

学校の方針によると思いますが、娘の学校では、「話せるけれど読めない」子の方が、容易なクラスからスタートするケースが多いようでした。

半年、周りの様子を見て感じたことは、元々よく話せている子は、最初読み書きが不得手で、下のクラスから始まったとしても、毎月の査定でぽんぽんと上がって行きます。なので、初めのクラスのレベルはあまり気にする必要はないと思います。
強いて言えば、アドバンスクラスの先生(ノン・ネイティブ)は、とても早口なのに、発声が綺麗で聞き取りやすく、耳を慣らすにはベスト。やはりいい先生を当てて来てくださってるな、と感じました。

>NEXT PAGE
ESLで何をするの?

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。