<まとめ>香港で「一番美味しいお土産」を買いに行く

香港gourmet

 

せっかく美食の街、香港に来たのだから、こだわりの香港土産はいかがでしょうか?スーパーなどでは買えない、勿論、日本でも買えない、ちょっと特別感のある、駐妻おすすめ「美味しいもの」をまとめました。

Entry number.1 お花の形のほろほろクッキー

香港では、たくさんのお店が<お花のような形に絞った>クッキーを販売していますが、こちらが元祖と言われています。ひっきりなしにお客が押し寄せるクッキーの魅力に迫ってみました。

尖沙咀駅(thim sha choi/ティムサーチョイ)の上のメインストリートを5分ほど歩いた雑居ビルの1階(日本で言う所の、2階)にそのお店があります。

雑居ビルは、タイムスリップしたかと思うような古めかしさ。
しかし、このビルに入る人の大半が、こちらのクッキー目当てなので、その辺に立っている人でさえ、親切に道案内してくれます。
正面の階段でも行けますが、トランクケースに詰めて帰る人もいるこちらの商品。手前のエレベーターは、3階以上にしか行きませんが、奥のエレベーターが1階にも止まります。(私たちはベビーカーなので、有り難くエレベーター使用)

旧正月や帰省の時期には、長蛇の列とのことですが、普通の日であれば、お店の方も手早くお客をさばいていくので、それほど待たずに買うことができます。

こちらは現金のみなので、ご注意!
大一箱$140でした(詳しくはHPにも載っています。※日本語版あり)

口の中で、ほろほろ・・・と崩れていく口触り、ほんのり塩気が引き立てる、素朴な甘さ。
これは、リピーターが多いのにも頷けます。

しかし、こんなにぎっしりどうやって詰めているのでしょう??
当然ながら、一つ目を出すのがとても難しく、やっとこさ出しても、絞った形の上が削れています^^;

それくらいぎっしり、と言うのも、一つの魅力なのかな。確かに、「ま〜、どうやって出そうかしら?」と思っているのも楽しかった^^系統としては、アトリエうかい系のさくほろ。少し、ラードっぽいような香りが香港らしいかもしれません。

多くの香港のお店が、持ち帰り袋を有料としているように、こちらも同様なので、ショッピングバッグをお持ちになるのをお勧めします。

Jenny Bakery

→続いては、調味料です!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。