香港でアスティエを買う

Table Recipe

買い物天国と言われる香港。しかし、物価も高いので、住んでいるとなかなか買い物を謳歌するには至らない。。そんな中、<日本より香港で買うのがお値打ち>と思ってこつこつ買い揃えているものに、Astier de Villatte(アスティエ・ド・ヴィラット)があります。

Astier de Villatteとは

日本でも高い人気を誇るフランスの陶器メーカー。パリ郊外の黒い土に白い釉薬をかけた風合いは独特の美しさがあり、その芸術的な造形を引き立てています。実際使ってみると、陶器とは思えないほど薄く軽く、磁器にも陶器にも合わせることのできる、類まれな存在だと感じます。また、西洋食器といえば、人数分揃えることでその均整美を最大限発揮しますが、このブランドは異なる形やデザインとあわせることがむしろ美しく、日本人の和食器の扱いに近いものがあるようにも思われます。

製作風景の動画を発見。一度現地に見に行ってみたい!と夢は膨むばかり。

香港でアスティエの買えるお店

日本ほどの種類はなくとも、少しエッジの効いたアイテムが揃うのも香港で選ぶのが楽しいポイント。ご紹介する2社ともオンラインストアがありますが、実店舗の方が種類が豊富なこと、また個体差が大きいのがアスティエの特徴でもあるので、ぜひ実物を見てご購入をお勧めします。

Lane Crawford

ハイエンドの商品を扱う、香港で人気セレクトショップ。インテリアセクションは、Ifc(香港駅)Pacific Place(金鐘駅)が見やすい。

Kapok

デザイナーズブランドを扱う、こちらも香港人気のセレクトショップ。K11 musea(尖東駅)は、パステルグリーンが目を引くアスティエ専用の什器があり品揃え豊富。隠れ家的な湾仔の路面店も、フレグランス、食器バランスよく取り扱いがあります。

ぜひ、お気に入りが見つかりますように!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。